Skip to content

やったぜ!

毎月の楽しみ

雑誌は一社だけ買っててサンデーGXですね。ブラクラが長期休載明けから買ってます。ちょうどうまく読めるからね。

前に広江礼威、高橋慶太郎、平野耕太はセットで型月は好み分かれるのでどちらでも~と書いた気がしますが、私は作画や展開とかくっさい台詞回し(B級映画)オンパレードのブラクラの方が好きですが、話のストーリーだけを絞った場合は高橋さんが好きです。
ヒラコーは勢いを読む漫画なので、眼帯が左右逆じゃんwwwとかいう人は三流ですよ

んでまぁ、この人も作画が個性的(直球に言うとヘタクソ)なのですごい好み分かれるんですけど、初長期連載の「ヨルムンガンド」はオススメです。

世界平和のために武器を売る武器商人ココと両親を戦争(武器)で失い、武器を永遠に憎む少年兵ヨナと愉快な仲間たちのドンパチ漫画です。
ヨルムンはみんな良いキャラなんですが、俄然一番人気は爆弾魔のワイリだと思ってます。
私はスケアクロウとショコラーデのコンビが好きですねぇ…。
まぁこれ、量子コンピューター(現在時点でSFの産物)を作って、それで世界を平和にするって話なんですが、まぁそれが起動した所で終わるんですよね。
その後も描いてほしいって人が一定いますが、個人的にはその後っていうのは読者の余韻(考察の余地)だと思ってるので個人的にはなくてもいい派

そのあと女の子だけを書いていたい!ってことでデストロ246が連載されるんですが、まぁこれは本当に銃火器と百合とドンパチだけの漫画なので中身はスカスカなんですよね。
いやぁ、何か所か伏線回収、してなくない…???って部分もあり、本当に勢いではじまって勢いで終わらせたって感じですね。
これはもうファンが買う漫画って感じ。で、ヨルムン読んだあとにデストロ読んで切っちゃった人もいましたね…まぁ仕方ない気もするけど
これの原点にオーディナリー±っていう処女作品がありまして、そちらは再販されたので買ったのですが、まぁ処女作品なので作画はお察し感。

まぁでもほら、広江先生の翡翠譚もかなぁりアレなので、ね…w(二巻打ち切り

んでまぁ今連載してるのが、貧民聖櫃大富豪、画像のものですね。
高橋先生のブースで一巻から三巻まで無料読みができるので、気になる人はそちらへ。
これは母子家庭の娘、聖夜ちゃんがある日裏の世界に呼ばれてマネーバトルをするっていうファンタジー漫画ですね。
HPも血液も防御も回復も全部金!金!金!
ただこれもすごいハイペースなので、平凡なJKが社長になって大金稼いで、7巻では銀行の頭取になるから出資してくれっていって終わります。
すごいぶっ飛んで出世していくので、まぁ二次元なんだしたしょうはね?で済ませる精神じゃないと割としんどい…。
これはお金の動きがメインの漫画なので退屈な人にはすごい退屈だと思います。
私は金融や経理とかそういう話好きなので読んでて楽しいですが、旦那はつまらない、とのことなので。

まぁでもニッチな界隈といえばそう。
うしじま君とかカイジみたいな現実マネーでどうのこうのではなく、現実でお金稼いで裏の世界で戦って勝者になる、っていう感じなので
まぁ貧民聖櫃についてはどこまでいっても「高橋慶太郎版fate」で済むので…
ドリフターズはヒラコー版fate

私が今一番早く欲しい単行本はヴィンランドサガです。早く続き読みたい。
ヴィンランドサガはアイルランド人がアメリカ大陸にいく話ですね。何年か前にコロンブスは実は二番目だったって研究がでましたが、まだ中世の時代。
史実を元にした伝記物ですね。NHKでもアニメ化しており、これは内容的にNHKでの放送で私は良かったと思ってるよ。
一巻~六巻までが前日章で7~12がプロローグ、13からが本編って感じで、とにかくスローペースです。
でも心理描写とかが丁寧ですごくいいですね。ただ絵がめちゃくちゃうまいので戦争描写(人の吹っ飛びかたやモツのでかたなど)がグロいです。
ヘルシングで慣れてるからヘーキヘーキとかいうとちょっとうぐっ…ってなります。
トルフィンこのあとどうしちゃうんだろ~、どうなっちゃうんだろ…ほんと楽しみ…孫の成長見てる気分

幸村先生、トーンワーク的にデジタルじゃないと無理なトーンワークだからデジタルでこの書き込みすごいなって思ってたら、線画まではアナログだったことを知って衝撃的だった…。でもそうだよなぁ、あんな書き込みデジタルじゃできんもんな…。

最近、鬼滅は在庫が山積みになってるし、呪術は鬼滅ほど出てない…?
鬼滅はほんと1か月待ちましたが、呪術は全部並んでる。買おうかなーどうしようかな