Skip to content

新宿妄想話ついでに

KDの次に好きなのがロミDです。なのでロミオさんについてもちょいちょい書いとこ

変換めんどいのでカタカナで通させてね

ロミオとDTOは大学からの縁で、初日隣の席だったことから仲良くなったり

しかし3年生あたりになって突如学校に来なくなり、心配して様子を見に行ったらホストになっていた!とかそんな話

ロミオくんは田舎者なので上手い具合にやべー商材掴まされてそのまま金払いのために夜の街に転がり込んだ、そんな不幸人。

そんな経緯なのでみんな横繋がり怖がってロミオさんとは疎遠になるのだが、そんな中でも見捨てなかったのがDTOこと修くん。

そこからなんとか這い上がって夜の王をやっている。

公式だと六本木の朝が~って書いてあるんだけと、まぁまあ当時はそのまま公式設定もってきて大丈夫なの?という空気があり、ホスト=新宿のイメージも世間で強かったので、彼が新宿ホストになってる人は古参かもね感はある

ロミオの家は自分がオーナーやってる店の上、4階建てのビルなのだが、2階は空き部屋(倉庫)になっており、三四階が自宅

といっても、3階も自宅倉庫みたいにしており、4階が自宅。事務所けん自宅なので、パーテーションで区切られている。

手前が事務所、奥が自室。給湯室とシャワールームとトイレしかない。ベッドもないので基本ソファでごろ寝。休みたいときは高級ホテルをとって、そこで休んでる。

そこの事務所で面接したり、店の売上計上したりしてる。

去年出した本にもチロっと描いたけど、ロミオは支配人かつポスト(VIPの指名のみ)で、店のことは店長に任せている

ホストはキャバと違って永久指名制度らしい。キャバは指名したりフリーで入ったり出来るみたいだけど

んでまぁ、DTOはお金に困るとロミオの店でこっそり働いている。

まま公務員なのでWワークはできないし、こっそり週末働くにしても生徒に見つかったとき示しがつかないので、融通が効く夜の街はなにと都合がいいわけで

まぁつーても貸切ライブハウスのお値段も、だいぶ下がったので、そうそう金欠になるのは難しいと思いますが

でもうちのDTOさんは、なんかなるさー!な楽観視しがちなO型なので爪は甘いし脇も甘いんだけどね

基本的にはロミオさんの暇な昼間にロミオの家に行ったり、休みの日とかに高級ホテルとかプチ旅行に行ったりしてる。

ロミオさんの一日の売上は知ってはいるものの、良心が微妙に痛くもある。お迎えはいつも高級スポーツカー

正月はハワイとかで過ごしててほしいくらい。でもDTOは日本で過ごしたい感じ。和風なので出来れば和の文化に浸っていたい(でもそのくせ曲はロック

ロミさんにとってDTOは、気が許せる唯一の友人で、恋人。

物も強請ってこないし、媚び売ってこないし、話は聞いてくれるし、心から心配もしてくれる。そんな素敵な普通の人。

じゃけん、恋人として振る舞うときはちょっとどうしていいか分からなくてドギマギしがち、嫌われたらどうしようが根底にある

まぁそれを分かってるからDTOがリードするんだけどね。

ままコチラでも未亡人設定ありますが、KKさんと違って死ぬことはないので、ラブコールはそこまで苦手にはなってない

奥手になってるのはロミオの方、奥さんが亡くなってるの知った上で付き合ってるので

なのでなるべく、彼女とは違う方向でアプローチを仕掛けている。から、ロミもロミでお金で釣ったりとかはしない。

雰囲気は大事にするけどねw

そんなところかなー